映画「評決のとき」

映画「評決のとき」は、1996年に公開されたアメリカ映画です。まだブレイクする前のマシュー・マコノヒーが主演しており、この作品は彼の出世作となりました。娘を強姦された黒人男性が、犯人の白人を射殺した事件で、黒人を弁護することになった白人の弁護士の戦いを描いた作品です。人種差別問題はもちろんのこと、それに立ち向かう弁護士までもが危険にさらされるという現実を描いており、色々なことを考えさせられる映画となっています。

映画「評決のとき」について

1996年にアメリカで公開された映画です。原作はジョン・グリシャムによって1989年に書かれました。この作品はジョン・グリシャムの処女作で、人種差別問題に真っ向から立ち向かった本作は出版化に当たって多くの出版社に拒否されたそうです。ですが、ジョン・グリシャム作の「法律事務所」「ペリカン文書」「依頼人」が次々とベストセラーになると、多くの出版社が処女作「評決のとき」の出版化に興味を示し、ペーパーバック版・ハードカバー版が相次いで出版されました。そのため初版本は高いプレミアがついています。2013年10月には本作の続編となる小説「Sycamore Row」がアメリカで発売されました。映画では、本作が出世作となったマシュー・マコノヒーが主演を務め、サンドラ・ブロックや、「パルプ・フィクション」でアカデミー賞を受賞した、サミュエル・L・ジャクソンが脇を固めました。なお、本作の演技でサミュエル・L・ジャクソンはゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされました。

ストーリー(ネタバレ)

舞台はミシシッピ州にある架空の街・クラントン。この町である日、2人の人種差別主義の白人青年ビリーとウィラードが、10歳の黒人少女を強姦し暴行を加えました。少女は一命をとりとめたものの、子供の産めない身体になってしまいます。少女の父親カール・リー・ヘイリーはその日の夜、カールの兄を弁護した事から馴染みとなった白人弁護士ジェイク・タイラー・ブリガンスに、娘が強姦されたことと、ここでは黒人を強姦しても白人は有罪にはならないのかと相談を持ち掛けます。ジェイクはカールのただならぬ雰囲気に危険を感じ、馬鹿な真似は止めろと忠告します。しかし、翌日、裁判所にビリーとウィラードが連行されてくると物陰に隠れていたカールが自動小銃を手に飛び出し、2人を射殺。護衛の警官ルーニーも膝に銃弾を受け、左足を切断する重傷を負いました。カールは第一級殺人罪と傷害罪で逮捕され、弁護をジェイクが担当することになりました。裁判が始まる前、ジェイクの恩師ルシアンは、この裁判は勝っても負けても正義になると言ってジェイクを励ますのでした。弁護士ジェイクと敵対する検事はルーファス・バックリーが選ばれました。ルーファスは次の州知事の椅子を狙っており、相手の弁護士は新人で簡単に勝てるこの裁判で名前も顔も売れると喜んでいました。

強力な助っ人の登場

町中で黒人対白人の緊張が高まる中、裁判は始まりました。第一回目の裁判でジェイクは、黒人差別の激しいこの地では公平な裁判は不可能なので裁判地の変更を裁判長のオマー・ヌースに求めましたが、オマー・ヌースは無碍なくそれを却下します。肩を落とすして弁護人席に戻るジェイクの目に、見慣れない紙が入ってきます。中には実際に人種差別を理由に裁判地の変更が許可され審議差し戻しになった判例が載っていました。ジェイクはすかさずオマー・ヌースにそれを伝えると、オマーは審議差し戻しを歓迎する裁判長はいないといい、裁判地変更の理由を書類に書いて提出するよう伝え、第一回目の裁判は終了します。翌日、ジェイクが事務所で寝ていると、知らない女性が訪れます。女性はエレンと名乗り、あの判例は役に立ったかと尋ねます。エレンは死刑反対の姿勢を貫く法学生で、彼女があの判例を書いた紙を用意した張本人だったのです。エレンは、カールに死刑判決が下されるかもしれないこの事件を手伝わせてほしいとジェイクに申し入れます。エレンの父親はアメリカでも有名な弁護士で、後々の援助を期待したジェイクはエレンからの申し入れを快諾します。

次々と迫る復讐の手

そのころ、カールに裁判所で射殺された白人青年ビリーの弟フレディ・リー・コブは兄を殺された怒りから水面下で活動を続けるKKKと連絡を取り、KKKのリーダースタンプ・シスーよりクラントンでもKKKを設立して支部長になるように伝えられます。ジェイクが申し立てた裁判地変更の申し立ては却下され、そのうえ州の法務局もオマー・ヌースの判決を支持し、審議差し戻しはしないと明言します。ジェイクはカールを心神喪失による無罪と主張しますが、やり手の検事ルーファスは巧みな誘導尋問で明確な意思を持ってカールが2人の青年を射殺したことを証言させます。さらに、事件後カールがウォールズ保安官に付き添われて左膝から下を切断することになったルーニーを見舞いに行ったこともカールにとって不利な証言となりました。しかし、証言台に上ったルーニーはカールの犯行動機を支持して無罪だと叫び、裁判所は一時騒然となります。裁判が進むにつれて町の緊張は高まり、遂にはKKKが裁判所前で陣取り、黒人たちとKKKによる乱闘騒ぎが起こります。ジェイクの家にも、燃える十字架を置かれ時限爆弾を仕掛けられました。辛うじて難を逃れたジェイクでしたが、彼の娘は学校で黒人の味方だといじめられ、爆弾騒ぎで危機感を感じた妻も、家族より黒人を優先するのかとジェイクに詰め寄ります。彼は妻と娘を実家に避難させますが、差別主義者たちの攻撃は一層激しくなるばかり。ついにはジェイクの秘書を務めるエセルの家も襲撃され、彼女の夫が帰らぬ人となってしまいます。さらにジェイクの家にも放火され、彼は全ての物を失ってしまうのでした。

最終弁論

全てを失ったジェイクを励ましたのはエレンでした。しかし、彼女もまた裁判の途中でKKKに襲われてしまいます。ついに孤軍奮闘となったジェイク。今後の裁判に向けての話し合いのためにカールに面会しますが、カール自身もまた「あんたは所詮白人だ」と言い放ちます。明日に最終弁論を控え疲れ果てたジェイク。そんな彼の下に、遠い実家に避難させたはずの妻が嵐の中車で戻ってきます。心がすれ違いかけていた妻の理解を得たジェイクは、決心を固め、最終弁論へと挑みます。これまで小細工でごまかそうとしていたジェイクでしたが、全てを捨て去り、陪審員たちの心に切々と、強姦された娘を持つ父親の心情を訴えかけます。ジェイクの演説は人々の涙を誘いました。陪審員は全員白人という圧倒的不利の中で、ジェイクは見事、無罪の判決を勝ち取ったのでした・・・。

キャスト

  • ジェイク・タイラー・ブリガンス・・・マシュー・マコノヒー
  • エレン・ロアーク・・・サンドラ・ブロック
  • カール・リー・ヘイリー・・・サミュエル・L・ジャクソン
  • ルーファス・バックリー・・・ケヴィン・スペイシー
  • ルシアン・ウィルバンクス・・・ドナルド・サザーランド
  • ハリー・レックス・ボナー・・・オリヴァー・プラット
  • シェリフ・オジー・ウォールズ保安官・・・チャールズ・S・ダットン
  • カーラ・ブリガンス・・・アシュレイ・ジャッド
  • フレディ・リー・コブ・・・キーファー・サザーランド
  • ビリー・レイ・コブ・・・ニッキー・カット
  • ジェームズ・ルイス・ウィラード・・・ダグ・ハッチソン
  • スタンプ・シスー・・・カートウッド・スミス
  • ドウェイン・ルーニー保安官助手・・・クリス・クーパー
  • ハンナ・ブリガンス・・・アレクサンドラ・カイル
  • ウェールバート・ロードヒーバー博士・・・アンソニー・ヒールド
  • エイジー牧師・・・トーマス・メルディス
  • アイザイア・ストリート牧師・・・ジョー・セネカ
  • オマー・ヌース判事・・・パトリック・マクグーハン
  • エセル・トゥイッティ・・・ブレンダ・フリッカー
  • グウェン・ヘイリー・・・トーニャ・スチュワート

スタッフ

  • 監督・・・ジョエル・シュマッカー
  • 脚本・・・アキヴァ・ゴールズマン
  • 原作・・・ジョン・グリシャム
  • 製作・・・アーノン・ミルチャン、ジョン・グリシャム、マイケル・ネイサンソン、ハント・ローリー
  • 音楽・・・エリオット・ゴールデンサール
  • 撮影・・・ピーター・メンジース・ジュニア
  • 製作会社・・・リージェンシー・エンタープライズ

感想

映画を観ていると、もし自分がこの登場人物の立場だったら、と考えることがあります。ですが、人種差別問題の話になると日本人の私にはやはり想像だけでは補えない根深いものがあることを感じさせられます。白人に偏見を持つ黒人が白人に弁護され、その白人は裏切り者だとして迫害を受ける。私にはそこまで黒人を忌み嫌う白人たちの気持ちが分かりませんし、分かりたくもないです。そしてこの映画にあるように、口では差別なんてしてないと言いつつも心の奥底では差別してしまっている陪審員たちがいたことも事実なのでしょう。この問題は非常に根が深く、私が映画を観たくらいでは到底解決できない問題ですが、この映画を観て考えさせられることは沢山ありました。そして、そうやって少しでもこの問題に目を向けることが解決に繋がるのかもしれないと思いました。演技派のキャスト達が熱演しており、大変見応えのある映画です。弁護士の仕事に興味がない方にも見てほしい名作です。

弁護士になろう!